弁護士に相談するメリットデメリット

弁護士に頼まなくても離婚できる人はたくさんいます。離婚する理由は様々ですが、どんな事でも弁護士に相談しなくても離婚できる人もいれば、どうしても第三者に入ってもらわないとできない離婚もあります。もし弁護士に頼まないで、調停だけで自分が足を運ぶ事で離婚できたらどんなに楽だろうと考えます。しかし一度壊れた人間関係に、スムーズな離婚は難しいと言えます。

弁護士に離婚の相談をする場合のメリットとしては、法を使って自分の有利な離婚の条件を出せるという事です。例えば、不貞行為のあった相手との慰謝料が、相手の収入がどれくらいという事から、一般的な金額を指定して訴える事ができます。

子供が何歳で、収入がいくらという観点から、養育費はいくらくらいまでもらえるなど、詳しい設定ができるのも一つです。また実際に離婚した時に支払いをしない場合、差し押さえが法的にできるのも弁護士です。いろいろな離婚での面倒な書類作成もすべて弁護士がしてくれます。

デメリットと言えば、報酬が高いと言う事でしょうか。法律事務所によっては電話での相談は無料で行っている場合もありますが、直接の相談は30分で5000円から1万円くらい。さらには数十万から100万くらいの報酬を支払う事もあるので、そう考えると受取分が少なくなる事を想定していく事が必要です。

相談する際に持っていくこと

離婚を弁護士に相談しようと思った時に、最初に調べておくと、相談時間が有効に使えるので、ぜひ参考にしてほしいです。

離婚する原因にもよりますが、離婚したいけど相手が同意していない、離婚は決まっているけれども、親権や財産でもめている…そんな内容を具体的にあげていく事が一つです。相手に離婚する原因であれば、なおさら離婚の原因を詳しくあげておく事が大切です。それによっては、こちら側の離婚後の生活が変わってきますし、すっきりとして離婚できる事で気持ちも変わってきます。

離婚したいと思った時に最初にすることは、お互いの財産状況を把握する事です。離婚する際に財産は精算します。正式には財産分与といいますが、借金も含めて財産分与しますので、その辺はしっかりと把握する事が大切です。財産の内容は、貯金、株、不動産、保険などさまざまなものがあります。すべてのものを把握するのは大変ですが、ここをしっかりすることが大切です。分与した後からでは、もう何も訴える事はできません。

それに加えて、相手の収入や給与口座などを調べておくといいでしょう。もし養育費が発生している場合は、支払いや、差し押さえなどができます。そして不倫をしている場合には、相手の不倫の状況などを把握する事が大切です。これを掴む事で有利になる事は確実です。調べる事はつらい事でもありますが、把握しましょう。

無料で弁護士に相談

離婚したいと思った時に相談するのに、最初からお金をかけるのはしんどいな、と思う人は、無料相談に足を運んでみるといいです。もし、長い付き合いをするにしても、どんな弁護士になるかわからないので、ここで見極める事も大切です。

無料相談をしている弁護士事務所を探します。ここ最近では、弁護士事務所もチラシを入れて宣伝しているようで、そういったものから探す事もできます。またネットで検索しても山ほど弁護士事務所の無料相談というのが出てくるので、その中から見つける事ができます。弁護士事務所の口コミサイトもあるので、弁護士事務所自体の評判や口コミを調べて選ぶ事ができます。

おすすめというのが、離婚したい、相談したい人が女性の場合は同性の女性を選ぶ事の方がいいです。ちゃんと立場や気持ちを解ってくる事があります。弁護士に相談したからと言って、気持ちがわかってもらえる事はありません。こちらの不手際や、隙を指摘する弁護士もいます。男性社会なので、男性っぽい人も多いのでしょう。

もし男性の場合は、男性でも女性でもいいです。どちらも男性の方が有利の離婚の場合は、男性の場合、聞いてほしい事が主で相談はしないので、どちらでも満足度は高いようです。

無料の場合は、1回目のみが条件で2回目からは有料になります。その無料の時に聞ける事は全部聞けるように、最初にメモをしてしっかりと相談するようにしましょう。

離婚相談は弁護士へ

結婚よりも、離婚の方がエネルギーを使うと言う話はよく聞きます。それくらい、夫婦間とは人間関係の中でも難しいです。結婚の時に相談はしませんが、離婚の際には弁護士などに相談したり、調停に出たり色々な事があります。

離婚を考えた時に、相談する場所はたくさんあります。例えば、離婚カウンセラー、人生相談所、弁護士…。離婚したいな、くらいであれば、カウンセラーや相談所でもいいかもしれませんが、離婚する際に発生する慰謝料や財産、親権など、ややこしいものや、第三者が入らないと難しいものは弁護士に相談するのが一番です。

どうしてもうまくいかない離婚の場合や、会いたくない第三者が入ってくれないとやりにくいなどある場合には特に弁護士に相談する人はいます。

弁護士は法律の専門家でもあり、離婚の条件を出す際に有利な方向に、法律を基づいて出してくれるので、素人が戦うよりは専門職に頼んだ方が安心という感覚で頼りがいがあります。相談は無料でしてくれるところも多くありますが、1回目だけの所が多く、有料での弁護士相談がほとんどです。有料はピンキリですが、30分5000円~1万円というところが相場です。

また離婚相談をした際に、調停や訴訟の代理人になる事や、書類作成などをしてくれた際には、弁護士費用を支払う事になります。その弁護士事務所によって報酬は変わってきますが、事案によって、取得できた金額の何割、という形での支払いになります。その報酬をもっても有利にできるという場合には、弁護士に頼む事がより、自分の条件をもって離婚できるという事になります。