離婚相談は弁護士へ

結婚よりも、離婚の方がエネルギーを使うと言う話はよく聞きます。それくらい、夫婦間とは人間関係の中でも難しいです。結婚の時に相談はしませんが、離婚の際には弁護士などに相談したり、調停に出たり色々な事があります。

離婚を考えた時に、相談する場所はたくさんあります。例えば、離婚カウンセラー、人生相談所、弁護士…。離婚したいな、くらいであれば、カウンセラーや相談所でもいいかもしれませんが、離婚する際に発生する慰謝料や財産、親権など、ややこしいものや、第三者が入らないと難しいものは弁護士に相談するのが一番です。

どうしてもうまくいかない離婚の場合や、会いたくない第三者が入ってくれないとやりにくいなどある場合には特に弁護士に相談する人はいます。

弁護士は法律の専門家でもあり、離婚の条件を出す際に有利な方向に、法律を基づいて出してくれるので、素人が戦うよりは専門職に頼んだ方が安心という感覚で頼りがいがあります。相談は無料でしてくれるところも多くありますが、1回目だけの所が多く、有料での弁護士相談がほとんどです。有料はピンキリですが、30分5000円~1万円というところが相場です。

また離婚相談をした際に、調停や訴訟の代理人になる事や、書類作成などをしてくれた際には、弁護士費用を支払う事になります。その弁護士事務所によって報酬は変わってきますが、事案によって、取得できた金額の何割、という形での支払いになります。その報酬をもっても有利にできるという場合には、弁護士に頼む事がより、自分の条件をもって離婚できるという事になります。