相談する際に持っていくこと

離婚を弁護士に相談しようと思った時に、最初に調べておくと、相談時間が有効に使えるので、ぜひ参考にしてほしいです。

離婚する原因にもよりますが、離婚したいけど相手が同意していない、離婚は決まっているけれども、親権や財産でもめている…そんな内容を具体的にあげていく事が一つです。相手に離婚する原因であれば、なおさら離婚の原因を詳しくあげておく事が大切です。それによっては、こちら側の離婚後の生活が変わってきますし、すっきりとして離婚できる事で気持ちも変わってきます。

離婚したいと思った時に最初にすることは、お互いの財産状況を把握する事です。離婚する際に財産は精算します。正式には財産分与といいますが、借金も含めて財産分与しますので、その辺はしっかりと把握する事が大切です。財産の内容は、貯金、株、不動産、保険などさまざまなものがあります。すべてのものを把握するのは大変ですが、ここをしっかりすることが大切です。分与した後からでは、もう何も訴える事はできません。

それに加えて、相手の収入や給与口座などを調べておくといいでしょう。もし養育費が発生している場合は、支払いや、差し押さえなどができます。そして不倫をしている場合には、相手の不倫の状況などを把握する事が大切です。これを掴む事で有利になる事は確実です。調べる事はつらい事でもありますが、把握しましょう。