弁護士に相談するメリットデメリット

弁護士に頼まなくても離婚できる人はたくさんいます。離婚する理由は様々ですが、どんな事でも弁護士に相談しなくても離婚できる人もいれば、どうしても第三者に入ってもらわないとできない離婚もあります。もし弁護士に頼まないで、調停だけで自分が足を運ぶ事で離婚できたらどんなに楽だろうと考えます。しかし一度壊れた人間関係に、スムーズな離婚は難しいと言えます。

弁護士に離婚の相談をする場合のメリットとしては、法を使って自分の有利な離婚の条件を出せるという事です。例えば、不貞行為のあった相手との慰謝料が、相手の収入がどれくらいという事から、一般的な金額を指定して訴える事ができます。

子供が何歳で、収入がいくらという観点から、養育費はいくらくらいまでもらえるなど、詳しい設定ができるのも一つです。また実際に離婚した時に支払いをしない場合、差し押さえが法的にできるのも弁護士です。いろいろな離婚での面倒な書類作成もすべて弁護士がしてくれます。

デメリットと言えば、報酬が高いと言う事でしょうか。法律事務所によっては電話での相談は無料で行っている場合もありますが、直接の相談は30分で5000円から1万円くらい。さらには数十万から100万くらいの報酬を支払う事もあるので、そう考えると受取分が少なくなる事を想定していく事が必要です。